ワーキングホリデーと就労

この間友人と話をしていまして、ワーキングホリデーの話題が上がりましたので、今日は、ワーキングホリデーに於ける就労の実態につきましてお話をしていきたいと思います。

訪問者さんが知りたいことはワーキングホリデーに於ける就労の実態ということかと思いますのでもう少し詳しくお話をしたいと思いますが、今日のお話を読んでいただき、十分な資金計画のもと、ワーホリを決断することができるということにつながれば幸いです。さて、今日の内容は、近い将来、ワーホリを検討している方には是非確認してもらいたいと思っています。

注意点を挙げると、ワーホリでの就労期間には制限があり、採用基準に語学を重視するところが多いことです。それから、私も以前そうでしたが、ワーホリに於ける就労についての知識が不足していると思っている時は本当に悩みますよね。依頼のタイミングは留学仲介業者(エージェンシー)を複数比較した後で行うのが良いでしょう。あと、私の個人的な考えでは、ワーホリにはデメリットもあり、思うような仕事に就けず収入が得られないこともあるので、資金計画を事前にしっかりと立てることが大切であるということです。

私が知っているチェックリスト候補としては、実績、費用、サービスの内容、プランの内容、情報量の多さなどがあります。全て比較しておくと依頼の際に役立つと思います。最後にではどうしてこんなお話をしたいと考えたのかと言いますと、ワーホリを決断する前に、就労に関する実態を知っておいて欲しいからです。

ワーキングホリデー→http://www.ibo-shanghai.com

ibo-shanghai